[PR]

 23日午後9時ごろ、東京都千代田区神田駿河台2丁目のJR御茶ノ水駅のホームから、50代の男性が中央線下り快速の線路上に転落したと119番通報があった。警視庁によると、男性は2本のレールの間に仰向けに横たわる格好となり、駅に入ってきた電車は男性の上を通過、男性は足に擦り傷を負っただけで助かったという。

 神田署によると、男性は酒に酔っていたといい、「死にたいと思って飛び込んだ。電車が目の前を通っていった」と話したという。男性は駅員の手で電車の下から救助された。署員は「落ちたところが奇跡的に良かった」と話した。

 この事故の影響で、中央線は午後8時53分ごろから約15分間、上下線で運転を見合わせた。