[PR]

 23日午後8時20分ごろ、東京都大田区の鈴木章浩都議の事務所に生卵約20個が投げつけられていたのを通行人が見つけ、警視庁大森署に届け出た。塩村文夏都議へのヤジ問題に関する抗議とみられ、同署は軽犯罪法違反の疑いで、同区内の50代の男から事情を聴いている。

 同署によると、当時、鈴木都議や事務所関係者はいなかったという。

 24日未明、鈴木都議の事務所入り口付近には、ポスターがつぶれた卵で汚れ、事務所前の道路には、卵の殻が散らばっていた。