[PR]

 サッカー・ワールドカップ(W杯)の1次リーグ敗退決定から一夜明けた25日、日本代表のザッケローニ監督はベースキャンプ地のイトゥで選手たちに今大会限りの退任を告げた。昼食で全員が集まったとき、ザッケローニ監督は最後のあいさつをした。「すばらしいチームだった。もう一度選ぶとしても、同じメンバーを選ぶ」。目には涙が浮かんでいたという。

 その後に設けられた選手の取材機会。長友佑都は、ザッケローニ監督のことに話が及ぶと泣き崩れた。「勝たせてあげられなかったことが悔しい」

 主将の長谷部誠は「(退任は)少なからず想定はしていたが、この結果を受けての決断だと思う。そこは選手が責任を感じるべきだと思う。言葉も文化も違う国に来て、日本を尊重してくれた。素晴らしい人。一緒に戦えてよかった」。

 記者会見に臨んだザッケローニ監督は、退任を決断した理由の一つとして「日本代表には何かが欠けていた。これからは、新しい哲学を持った新しい監督が必要だと思う」と語った。

 1次リーグ敗退に終わった今大会については、「良い結果がでるという確信を持っていたが、初戦のコートジボワール戦の入り方や試合の進め方が思っていたようにいかず、いい試合ができなかった。そこから修正するのに時間がかかった」と話した。

 後任に託す日本代表の今後の課題は「試合の中で起こりうる不利な状況や出来事に左右されず、継続してプレーする力をつけていかなければいけない」と指摘した。(編集委員・忠鉢信一)

こんなニュースも