[PR]

 境港市議会は25日の定例議会で、集団的自衛権の行使容認に反対する意見書を市議会として政府に提出することなどを求めた請願2件を賛成多数で採択した。

 提出者は、憲法改悪反対県共同センター(代表=田中暁・県労連議長)と県憲法会議(浜田章作代表)。「集団的自衛権の行使は日本への武力攻撃がなくても、他国のために武力を行使するものであり、一内閣の判断で憲法解釈を勝手に変えることは立憲主義の否定になる」と批判し、意見書提出に加え、行使を容認する閣議決定がなされた場合は反対するよう求めた。

 湯梨浜町議会も20日、県憲法会議が提出した「海外で戦争をする国」にする集団的自衛権の行使容認に反対する意見書の提出を町議会に求める請願を全会一致で採択。「憲法解釈変更による集団的自衛権の行使を容認しないよう、国会両院および政府に対し強く求める」として、20日付で集団的自衛権の行使容認に反対する意見書を衆参両院議長と安倍首相に郵送した。

 境港市、湯梨浜町と同じ趣旨の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら