[PR]

 覚醒剤や合成麻薬を自宅に隠し持っていたとして、東京地検は27日、歌手のASKA(本名・宮崎重明)容疑者(56)=東京都目黒区=を覚醒剤取締法違反(所持)と麻薬取締法違反(同)の罪で追起訴し、発表した。一連の事件の捜査はこれで終結した。

 起訴状によると、ASKA容疑者は5月17日、都内の自宅で、覚醒剤約0・4グラムと、合成麻薬MDMAなど計約26グラムを所持していたとされる。警視庁の調べに対し、「眠気を取るために使った」などと容疑を認めているという。

 ASKA容疑者は一連の事件で3度逮捕された。知人の栩内(とちない)香澄美被告(37)とともに、覚醒剤を使ったとする罪ですでに起訴されている。地検はこの日、栩内被告のマンションで覚醒剤を所持していた容疑については、2人を不起訴処分とした。

 一方、栩内被告の初公判は7月22日に東京地裁で開かれる予定。