【動画】トラックに衝突して止まったワゴン車=朝日新聞社ヘリから、遠藤真梨撮影
[PR]

 30日午後4時ごろ、大阪市中央区心斎橋筋2丁目の御堂筋の交差点でワゴン車が暴走し、自転車の女性(32)をはねた。女性は胸の骨などが折れる重傷。ワゴン車を運転していた大阪市の男性(65)ら2人もけがをして病院に搬送された。府警は、男性の回復を待って自動車運転死傷処罰法違反容疑で事情を聴く。

 南署などによると、男性の車は南向き一方通行の御堂筋を南下し、「御堂筋八幡町」交差点を右折。その際に信号待ちの乗用車に正面衝突した。その後、バックで御堂筋まで戻り北向きに再び前進。御堂筋を西から東に横切って自転車の女性をはね、店舗前に停車中のトラックに追突して止まったという。トラックの運転手の男性(58)もけがをした。現場は大阪市中心部を南北に貫くメーンストリート・御堂筋沿いで、当時は大勢の買い物客らがいたため騒然とした。

 男性の家族は南署の聞き取りに対し、男性がこの日いつも通り出勤したと説明。「糖尿病でインスリン治療をした経験があり、低血糖症と診断されたことがある」などと話しているという。5月に施行された同法では、低血糖症の場合は安全な運転について必要な判断や操作能力を欠く恐れがあるとしており、同署は関連を慎重に調べる。

 最初に正面衝突された車を運転していた大阪府八尾市の会社員、福田向翁(ひさお)さん(46)は信号待ち中に、男性の車が右折して正面から近づいてくるのに気づいた。男性と一瞬目が合い、「どうするのかな」と思ったところ、加速して正面からぶつかってきたという。男性の車はさらに1~2度、バックしては前進して衝突。「興奮して血の気が引いたような顔だった」と振り返った。

 目撃した大阪市西区の男性(31)によると、その後車はタイヤを鳴らしながら女性を巻き込むようにしてはねたという。

関連ニュース