[PR]

 小泉純一郎元首相が31日、安倍政権が進める原発の再稼働について「原子力規制委員長が審査には合格したが、安全とは申し上げられないと言っている。どこに本当の責任があるかがあやふやで、国の責任が曖昧(あいまい)だ」と批判した。都内で記者団に語った。

 原子力規制委員会は規制基準に合格しても、事故の可能性は残るとの姿勢。規制委の判断を安全宣言ととらえ、再稼働させようとする政権を批判した。

 小泉氏は規制委任せの政権の姿勢について「政治が責任を取らなくてはいけない」と強調。原発の今後については「諦めるしかない。必ず(原発ゼロに)なる。時間の問題だ。政治が原発を導入したんだから、政治がゼロにする」と語った。