[PR]

 7月26、27日に掲載した「女が生きる 男が生きる」シリーズ2回目の「そこにある貧困」。シングルマザーや貧困状態の独身女性の実態や、「女性は家庭で育児」という「隠れた意識」について取り上げたところ、大きな反響が寄せられました。たくさんのメールが届き、ツイート数は4千件を超えました。意見を寄せていただいた方々を取材しました。

 横浜市のパート女性(48)は「年収100万円にいかない生活がもう7年。働いても働いても、時給が低くて苦しい日々です」と寄せた。

 夫の暴力で23年前に、生まれて間もない息子を連れて離婚。公務員として働いていたが、過労で倒れ、結局退職した。それからは時給870円で工場のラインの仕事や900円で警備の仕事などをこなしてきた。「中年の女の仕事はパートしかない」と嘆く。

 東京都の医療従事者のシングルマザーの女性(35)は、インターネットで見つけたベビーシッターに預けたことがあった。

 前の職場では娘が熱を出し休み…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら