[PR]

 インターネット検索サイトと協定を結び災害情報を提供する自治体が少しずつ増えている。情報の伝達手段を広げる意味が自治体にはあるが、どこまで情報を開示するかなどの課題もある。住民に使ってもらうインフラになれるだろうか――。

 過去最強クラスと警戒された7月上旬の台風8号。日本列島で猛威をふるい始めると、インターネット検索サイト・ヤフーの災害ページに、各地の避難情報が並んだ。

 「7月9日15時20分 新潟県長岡市 避難準備」「7月10日16時00分 長野県南木曽町 避難勧告」……。

 自治体が提供した災害に関する…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら