[PR]

 京都大学は4日、学内の研究科長や学外有識者らで構成する総長選考会議を開き、松本紘(ひろし)総長の後任に前理学研究科長の山極(やまぎわ)寿一(じゅいち)教授(62)=人類学=を次期総長に選出した。任期は10月1日から6年間。初の戦後生まれの総長となる。

 山極教授は東京生まれで、京大理学部・大学院理学研究科修了。日本モンキーセンター研究員、京大霊長類研究所助手などを経て現職。ゴリラ研究の第一人者で知られ、国際霊長類学会長も務めた。3日の教職員による投票「意向調査」で、6人の候補の中で最多の票を得ていた。「大学の財産は学生。彼らを育て、活躍できるようにするのが使命」と抱負を述べた。

 今回の総長選考会議は、世界的な人材を選ぼうと、選考対象の6人の候補のうち3人を学外から呼べるよう総長選考規定を改正して実施した。京大によると、海外の19の大学などに推薦を依頼し、アジアの大学から外国人1人の推薦を受けていたが、最終的には見送られ、6人の候補はいずれも学内の研究者だった。

 総長選考会議の議長を務めた安西祐一郎・前慶応義塾塾長は記者会見で、「世界に開かれた大学になって新たに飛躍してほしいと心から願う」と語った。(佐藤剛志)