【動画】「踊る!たこ焼器」でたこ焼きを作ってみた=高木真也撮影
[PR]

 大阪のソウルフード、たこ焼き。お好み焼きと並ぶ「粉もん」の代表格だ。関西の多くの家庭には、たこ焼き器がある。でも、つくるのにはコツがいる。自分は、あの「くるっ」と返すのが苦手だ。ところが最近、大阪の中小企業が「踊る! たこ焼(やき)器」なるものを販売していると聞いた。自動で返しをしてくれる優れものだ。ただ、訳あって「半自動」。いったいなぜ?

 百聞は一見にしかず。大阪府池田市にある「ブランケネーゼ」の事務所を訪ねた。テーブルの上には半球状の穴が18個並んだプレートがあった。見た感じ、ふつうのたこ焼き器だ。

 早速、実演してもらう。スイッチを入れ、温まったプレートにたこ焼き粉を水で溶いたタネを流し込み、タコ、天かす、青ネギ、紅ショウガを手早くまぶす。これまたふつうの手順だ。

 1分ほどしてタネの周りが固ま…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら