[PR]

 サッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会準々決勝で、ブラジルのFWネイマールの脊椎(せきつい)を骨折させたコロンビアのDFスニガのラフプレーについて、国際サッカー連盟(FIFA)は7日、スニガに処分を科さないと発表した。

 また、同じ試合でチアゴシウバ主将が受けた警告を無効とするようブラジル連盟が求めていた件についても棄却した。(AFP時事)