[PR]

 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)を運営するユー・エス・ジェイ(大阪市)は、来年夏にも東京証券取引所第1部に株式を上場する検討を始めた。数年内に計画している新パークの建設などに向け、市場からお金を調達する。

 USJは15日、世界的に人気の映画「ハリー・ポッター」をテーマに450億円かけてつくった新エリアを現パーク内にオープンさせる。これを起爆剤に、今年度は過去最高の約1200万人が入場すると見込んでおり「投資家に成長性をアピールできる」(幹部)好機と判断した。最終的には、ハリー・ポッターの1年間の成果や、株式市場の状況をみて決断する考え。

 周辺を工場などに囲まれるUSJはこれ以上の拡張が難しく、沖縄県名護市など国内外の複数の候補地と新パークの建設で交渉しているほか、カジノを中核とする統合型リゾート(IR)への参入方針も明らかにしている。

 関係者によると、これらの事業…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも