[PR]

 通販大手のジャパネットたかた(長崎県佐世保市)は、高田明社長(65)が退任し、後任に長男の高田旭人(あきと)副社長(35)が就くトップ人事を決めた。会社の創立記念日の来年1月16日付で交代する。高田社長の退任後の処遇は未定だが、会長には就かず、テレビの通販番組への出演はしばらく続けるという。

 高田社長は1986年にたかた(現ジャパネットたかた)を設立。自らテレビの通販番組に出演する手法で会社を成長させてきた。

 創業30周年を迎える2016年までに社長を退く意向だったが、13年12月期の経常利益が154億円と目標の最高益を更新。これを機に長男に経営のバトンを引き継ぐことにした。今月末に東京で開く自社のテレビショッピング20周年パーティーで正式に表明する。

 旭人副社長は01年に東大教養学部を卒業。野村証券を経て、03年にジャパネットたかたに入り、12年から副社長。テレビショッピングに出たことはなく、今後も出演しない方針だ。