[PR]

 埼玉県警は13日、同県川口市の県道で女性をはねた後に約1・3キロ引きずって死亡させ、逃走したとして、乗用車を運転していた川口市役所市民税課職員、松村大貴容疑者(26)=同市源左衛門新田=を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死)と道交法違反(ひき逃げ)容疑で逮捕し、発表した。「事故を起こし、気が動転して逃げた」と容疑を認めているという。

 武南署によると、松村容疑者は12日午後10時ごろ、川口市安行領根岸の県道交差点で、信号待ちしていた同市北園町の井口宣子さん(65)のバイクや、軽乗用車に次々と追突。約1・3キロ離れた場所まで井口さんを引きずって死亡させ、そのまま逃げた疑いがある。松村容疑者は13日に武南署に出頭する前に飲酒していたといい、県警が飲酒運転についても調べる。