[PR]

 14日未明から早朝にかけてNHK総合で放送されたサッカーW杯ブラジル大会決勝・ドイツ―アルゼンチン戦の視聴率は、関東地区で前半が10・3%、後半が18・8%、延長戦が26・7%だった。ビデオリサーチが15日に発表した。

 瞬間最高視聴率は試合終了直後の午前6時36分で、30・4%だった。

 関西地区は前半10・7%、後半18・5%、延長戦25・2%で、瞬間最高は午前6時36分の29・8%だった。

 名古屋地区は前半9・6%、後…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも