[PR]

 理化学研究所は15日、研究成果が白紙に戻った「STAP細胞」について、小保方晴子ユニットリーダーが参加し、細胞の存在を検証する実験に使う実験室の画像を公開した。

 実験室は、神戸市の理研発生・再生科学総合研究センター内に設けられた。広さは約25平方メートルで、カギをかけられる細胞培養器や試薬保管庫などを用意。天井には監視カメラ2台を設置して24時間監視し、入退室は電子カードで記録する。

 理研によれば、実験には第三者が立ち合い、内容を確認する。検証実験は今月から11月末まで予定されている。