[PR]

 東京都中野区議の金子洋(ひろみ)氏(52)=共産党=が、ツイッターで集団的自衛権の行使容認を巡り口論になった相手に「死ね」などと書き込んだ責任を取り、議員辞職したことがわかった。党区議団が16日、ホームページ上で公表、謝罪した。

 区議団やツイッターのやり取りによると、金子氏は、引きこもりやニートは社会に貢献していないゴミ屑(くず)として戦場に送るべきだ、などとする投稿をした相手と論争。6日、「お前こそ人間の屑だ。死ね!」と書き込んだ。

 同僚区議が金子氏に注意。金子氏は自分の発言を削除したが、ツイッター上で拡散。区議団と話し合い、14日に辞職願を出し、即日受理された。区議団は「人格と人間の尊厳を否定する暴言をはいたことは道義上許されず、有権者の信頼と期待を裏切った」としている。金子氏は2011年に初当選し、1期目。