[PR]

 オリコンは17日、今年上半期のアルバムの売上額が対前年同期比で2006年以来、8年ぶりに増加したと発表した。アルバムの売上額1位はディズニーアニメ映画「アナと雪の女王」のサウンドトラックで、売上額は29億3千万円。

 オリコンは「映画界のみならず音楽界も『アナ雪』が席巻した」と分析。音楽CDの売れ行き減少傾向にも、アナ雪が歯止めをかけた格好だ。

 14年上半期のアルバム売上額は779億7千万円で、13年上半期の779億3千万円と比べ、わずかながら増加した。

 また、この映画や主題歌のミュージックビデオなどを盛り込んだブルーレイディスク「アナと雪の女王 MovieNEX」は発売を開始した15日に66万1千枚を売り上げ、初日でブルーレイディスクの累積売り上げ記録で歴代1位となった。これまでは「エヴァンゲリオン新劇場版:破 EVANGELION:2.22 YOU CAN (NOT) ADVANCE.」の46万5千枚が最高記録だったが、わずか1日で一気に記録を更新した。(佐藤圭司)