[PR]

 理化学研究所の小保方晴子ユニットリーダーが2011年に、早稲田大学で博士号を得た論文について、早大の調査委員会が17日、発表した調査結果の要旨は次の通り。

 【作成過程の問題点】 他人の書いた文章を自分が書いたかに思わせるように表示した著作権の侵害行為は11カ所、意味不明な記載は2カ所あった。論文のもとになった実験は、実在していたと認定。「誤って下書き段階の博士論文を製本して提出した」という小保方氏の主張を認定する。

 【論文の信憑(しんぴょう)性】 多数の問題箇所があり、内容の信憑性、妥当性は著しく低い。論文の審査体制に重大な欠陥がなければ、博士論文として合格し、小保方氏に博士の学位が授与されることは到底考えられなかった。

 【学位取り消しに該当しない理由】 学則では、不正の方法により、学位を受けた事実が判明した時に学位を取り消す。過失は不正の方法に該当しないとみなす。著作権の侵害行為にあたる不正の方法は、序章に6カ所。これらは学位の授与に重要な影響を与えたとはいえず、学位の授与との因果関係はない。

 【指導や審査過程の問題点】 論文の作成指導をした教員、審査をした主査・副査には義務違反があり、重い責任がある。早稲田大学以外で研究する学生への指導や、異なる分野への指導に限界があった。製本された博士論文の内容を確認する体制がなかった。第三者的立場で審査する人がいなかった。

 【結論】 転載元を示さずに他人が作った文書を自分で作成したかのように利用する行為は、決して許されない。小保方氏について、学位取り消し要件に該当しないと判断したことは、この問題点の重大性を低減するものではない。

 ひとたび学位を与えたら、取り消すことは容易ではない。学位審査に関与する者は、その重さを十分に認識すべきだ。