[PR]

 野球の独立リーグ「ベースボール・チャレンジ・リーグ」(BCL)に来春から参加する県民球団のチーム名が「福島ホープス」に決まった。マスコットキャラクターは県の鳥「キビタキ」の兄妹をイメージ。愛称は今後、県内の小中学生に募集する。

 球団設立推進準備室が18日、県庁で記者会見して明らかにした。10月をめどに監督やコーチを選び、リーグのドラフト会議をへて選手をそろえるという。

 チーム名は英語で「望み」の複数形。扇谷富幸代表(34)は「ようやく子どもたちが外でスポーツができるようになってきた一方、県外へ避難したままの子もいる。野球を通して夢を与え、地域の交流を活発にしたい」と説明した。

 地域おこしのため、攻守交代時…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら