[PR]

 滋賀県知事選で初当選した三日月大造氏(43)が22日初登庁し、「嘉田由紀子前知事の『もったいない県政』を引き継ぎ、さらに行財政改革を進める」と職員らに訓示した。

 三日月知事は「琵琶湖を放射能汚染から守るため、『卒原発』の立場から、できるだけ早く原発に依存しないエネルギー社会を滋賀からつくる」と述べた。県職員の心構えとして、「現場で対話を重ねて共感を生み、協働の県政をつくっていこう」と呼びかけた。

 三日月知事はこの日午前8時半ごろ県庁に到着。玄関前で職員ら約300人の出迎えを受けた。知事の椅子に初めて座った後、報道陣に「緊張感とともに何とも言えない使命感が湧いてくる」と感想を述べた。

 三日月知事の任期は20日に始まっており、同県高島市であったJR湖西線開通40周年記念式典に出席し、仕事をスタートさせている。(佐藤常敬)

関連ニュース