[PR]

 マウント・ゴックスのマルク・カルプレス最高経営責任者(29)が22日、朝日新聞の取材に応じ、「債権者にビットコインをできるだけ多く返せるように努力している」と語った。主なやりとりは以下の通り。

 ――債権者への思いは。

 「ビットコインは新しいビジネスで、規制が決まっていないなかで精いっぱいやってきたが、足りないところがあった。本当に申し訳ないとしか言えない」

 ――社長を務めるゴックス社の親会社ティバンはどうするのか。

 「元々やっていたIT関連事業に今後は力を入れたい。保有するドメインなどを売却し、得られた利益は債権者のために使いたい」

 ――盗まれたとされるビットコインの行方は。

 「警察に協力をし、調べてもら…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも