[PR]

 北朝鮮政府が今月中旬以降、中国に派遣する自国の貿易商を呼び戻し、中国と韓国の外交関係についての情報収集を命じていることがわかった。中韓は習近平(シーチンピン)国家主席が今月上旬、北朝鮮首脳との面会に先だって訪韓するなど急速に接近。「血盟関係」とみてきた中国の動向に、北朝鮮が警戒を強めている。

 中朝貿易に携わる複数の北朝鮮人貿易商らによると、中国東北部の遼寧省に住む北朝鮮人貿易商が7月中旬に平壌に呼ばれ、政府幹部から指示を受けた。中韓接近の理由や経済協力の現状、中朝貿易への影響などについて、取引相手の中国企業などを通じて情報収集を求める内容という。

 中国各地には計数千人の北朝鮮人貿易商が派遣されているとみられる。全体で何人呼び戻されたかは不明だが、遼寧省瀋陽の北朝鮮人貿易商は「ほとんどの貿易商が呼ばれた」。日本人拉致問題などを巡る日朝協議の進展が、中朝関係にもたらす影響を報告した貿易商もいたという。

 中国は、金正恩(キムジョンウ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも