[PR]

 日本マクドナルドは22日、人気メニュー「チキンマックナゲット」の販売を一部店舗で中止したと発表した。仕入れ先の中国の食品会社が、使用期限の切れた鶏肉を使っていた疑いが強まったためだ。ファミリーマートも同日、この会社から仕入れた「ガーリックナゲット」などの販売を取りやめた。

 いまのところ、両社とも健康被害は確認されていないとしている。中国での報道によると、疑惑が浮上したのは米食品会社OSIグループで中国・上海の食品会社「上海福喜食品」。期限を半月過ぎた鶏肉を使った事例も確認されているという。マクドナルドは2002年から、ファミマは今月から取引を始めたという。

 マクドナルドは、国内で使うナゲットの2割をこの会社から仕入れ、関東(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、群馬、栃木)と甲信越(山梨、長野、新潟)、静岡の1都10県の1340店で販売していた。このうち代替できる在庫がなかった約500店で一時販売をやめた。同社は、仕入れ先をタイなどの食品会社に切り替え、23日までには販売を再開するとしている。ファミマは、約1万店で扱っていた「ガーリックナゲット」と、東京都内中心に10店においていた「ポップコーンチキン」の販売をやめた。

 マクドナルドは「お客様にご不便をおかけし、ご不安な気持ちにさせたことは申し訳なく思っている」(同社PR部)としている。

こんなニュースも