[PR]

 岐阜県大垣市での風力発電施設建設をめぐる反対派住民らの動向について、事業者の中部電力子会社「シーテック」(名古屋市)が県警大垣署と情報交換していた問題で、同社は24日、「関係する住民のみなさまに申し訳なく思う」と謝罪した。

 同社秘書・広報担当課の小川十永(みつなが)課長は取材に対し、大垣署から得た反対派住民らの個人情報を記した「議事録」を作成していたことを正式に認めた。個人情報を大垣署から聞いたことについて「通常の情報収集活動で、いろいろな話を警察から聞く。法令違反をしているとの認識は社としてない」と述べた。

 議事録に個人情報を記載したことについては「取捨選択せずに記録に残してしまった。悪意はなかった。議事録が外部に出たことについて社内で調査を進めている」と話した。(渋井玄人)