[PR]

 中国・大連で25日午前、覚醒剤を日本に密輸しようとした罪で死刑判決が確定していた50代の日本人男性に死刑が執行された。中国での日本人の死刑執行は、2010年4月に4人が執行されて以来、4年ぶり。1972年の国交正常化以来、5人目となる。

 外務省などによると、同日、大連市の裁判所から、在瀋陽総領事館の大連出張駐在官事務所に連絡があった。数日前にも近く執行すると中国側から伝えられており、24日に家族が男性に面会していたという。

 男性は、知人らと共謀して中国東北部から日本に覚醒剤を密輸しようとしたとして09年夏に拘束された。現地の裁判所は男性を主犯格と判断。覚醒剤の取扱量がキロ単位だったことから昨年死刑が確定していた。

 日本外務省は死刑判決の確定後…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも