[PR]

 ノーベル平和賞候補にも名前の挙がる中国の人権派弁護士、高智晟(カオチーション)氏(50)が7日、服役を終え出所する見通しだ。迫害を受け、米国に亡命した妻の耿和氏(46)は、5年ぶりの再会を待ちながら「我が家に平穏が戻ることはないだろう」と、中国の人権状況への厳しい見方を示した。

 耿氏や支援者らによると、6月末、高氏が服役している新疆ウイグル自治区沙雅県の刑務所から実兄に「8月7日に出所する」との連絡があった。ただ、自宅のある北京に戻ることが許されるかについては、刑務所担当者は「北京の指示を待っている」として明確にしなかったという。

 サンフランシスコに住む耿氏は、朝日新聞の電話取材に「再び一緒に暮らしたいが、生き方を決めるのは彼自身だ。我が家に平穏が戻ることはない。彼が中国にとどまり戦い続けるなら支持する」と話す。

 高氏は共産党が「邪教」として…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら