[PR]

 中南米を訪問中の安倍晋三首相は27日午後(日本時間28日朝)、2カ国目の訪問地となるトリニダード・トバゴに到着し、同国のパサードビセッサー首相のほかアンティグア・バーブーダ、ジャマイカの首脳と会談した。首相は外交樹立50周年を歓迎しつつ、島国特有の防災や環境対策など、政府の途上国援助(ODA)に縛られない経済支援策の検討を約束した。

 トリニダード・トバゴはカリブ諸国でも経済規模が大きく、中国などが関係を重視。習近平(シーチンピン)国家主席も昨年訪問し、連携を訴えている。安倍首相は28日、同国を含む14カ国と1地域でつくるカリブ共同体(カリコム)との初の首脳会合を開く。(ポートオブスペイン=冨名腰隆)

こんなニュースも