[PR]

 「ミネルバのフクロウは夕暮れに飛び立つ」と哲学者のヘーゲルは書いた。夜行性のフクロウは知のシンボルとされる。萩市須佐に、そんなフクロウのためのような24時間オープンの図書館がある。なぜ、人口2900人の小さなまちに異色の図書館は誕生したのだろう。

 この図書館(愛称・まなぼう館)は、合併前の旧須佐町だった1998年2月に開館した。2000年に増築し、床面積592平方メートルの現在の大きさになった。専門書から児童書まで5万冊余りが並び、地域唯一の図書館として親しまれている。

 もともとは、95年に廃止された法務局須佐出張所だった。同町が跡地利用を検討するなか、図書館を熱望する住民や議員の声に押され、当時の町長が改修を決断した。

 改修に際し、町長は「夕方に閉…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら