[PR]

7月26、27日に掲載した「女が生きる 男が生きる」シリーズ2回目の「そこにある貧困」。母子家庭で育った作家の平野啓一郎さん(39)は26日朝、記事について「読んでて胸が苦しくなる」とツイートした。平野さんに聞いた。

 1歳の時、父が心臓病で亡くなりました。2歳から18歳まで母の実家の北九州市で育ちました。

 僕の場合は祖父母が面倒を見てくれ、母は郵便局で働いていたので恵まれていたと思います。でも少しでも状況が違えば困窮していたかもしれない。

 2歳の男児が遺体で見つかった…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら