写真・図版

[PR]

「糖化」を防いでアンチエイジング

 肌のくすみやたるみが気になったり、「老けたんじゃない」と言われてショックを受けたりした経験はありませんか。その主な原因は、からだの「糖化」にあります。健康を維持しつつ、若々しい肌を保つための「抗糖化」について、何に気を付ければいいのでしょうか。

 牛乳と卵に小麦粉、砂糖で作るお菓子を焼くと、褐色の焦げができる。その焦げが「糖化」の例え、と言えばイメージはしやすいだろう。食事で取り入れた糖分のうち、エネルギーとして使い切れなかった糖が体内のたんぱく質と結びつき、「AGEs」(たんぱく糖化反応最終生成物)という老化物質を生成する。これが糖化だ。AGEsは体内のたんぱく質の機能を落とすなどして、肌のくすみやたるみなどの原因になる。内臓の働きを低下させたり、動脈硬化を進めたりするほか、アルツハイマー病などとの関連も指摘されている。

 なぜ糖化するのか。この問題に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら