[PR]

 米国防総省は30日、イラク北部のアルミルに米国、英国、フランス、オーストラリアが共同で人道支援物資を投下したと発表した。アルミルでは少数派トルクメン人がイスラム教スンニ派の過激派組織「イスラム国」に包囲され外部から食料や水が供給されなくなっていた。米軍はアルミル周辺に展開する「イスラム国」への空爆も実施した。(ワシントン)

こんなニュースも