[PR]

 横浜市は31日、1カ月以内に海外渡航歴がない神奈川県横須賀市の10代の女子高校生と横浜市港北区の20代の男子大学生が、デング熱に感染した疑いがあると発表した。

 市によると、2人はそれぞれ8月16~18日に東京都の代々木公園周辺に出かけた。その後、8月下旬に39度以上の発熱や吐き気を訴えて横浜市の医療機関を受診し、いずれも入院。市衛生研究所で血液検査をしたところ、いずれもデング熱の陽性反応が出たという。

 また、新潟県も31日、海外渡航歴がない県内の10代の男性がデング熱に感染した疑いがあると発表した。男性は8月20日に学校行事で東京・代々木公園を訪れており、蚊に刺された可能性があるという。同じ学校で他に症状が出ている人はいない。

 男性は24日に発熱や頭痛などの症状を訴え、県立新発田病院に入院中だが、快方に向かっているという。県保健環境科学研究所のスクリーニング検査でデング熱の陽性反応が出て、国立感染症研究所で確認検査中という。9月1日に結果が判明する予定。