[PR]

元朝日放送アナウンサー

 甲子園で走ったことがあるんです。小学、中学のころは甲子園のある西宮市に住む「宮っこ」だったのですが、地元の学校が一堂に集まる運動会が甲子園でありました。初めて走ったのは小6の時。土をブルマの中にこっそり入れて持ち帰ったこともありました。

 父に連れられてかち割り片手に高校野球を見たり、友達と阪神戦を見たり。あまりに身近すぎて、漫画「タッチ」で球児のあこがれの地と知っても、「あそこが?」とピンときませんでした。

 その存在の大きさを体感したのはアナウンサーになってからです。入社3年目の1999年、テレビの実況を任されました。大会第4日の第1試合、富山の新湊と石川の小松の隣県対決でした。実況の練習は積んでいましたが、前日からドキドキ。「赤江、顔が土気色になっている」と先輩に言われてミックスジュースをおごってもらったのを覚えています。正直、逃げ出したかった。

 試合は延長11回までもつれる…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも