【動画】陸前高田の「うごく七夕まつり」=杉村和将撮影
[PR]

 東日本大震災の被災地、岩手県陸前高田市で7日、山車が装飾の華やかさを競う「うごく七夕まつり」があった。大規模なかさ上げ工事が月内に始まるため、震災前の面影を残す街での祭りは最後となった。

 津波で9台の山車が流されたが、この日は復活した山車を含めて11台が練り歩き、夕方から電飾がともった。ひき手にはボランティアも加わり、はやしの音と「ヨーイ、ヨイヤサー」のかけ声が響いた。

 山車を引いた村上一郎さん(55)は、自宅を流され、母や妻を亡くした。「鎮魂の思いを込め、特別な気持ちです」と話した。(杉村和将)