[PR]

 毎年多くの流れ星が見られる「ペルセウス座流星群」が、12日深夜から見頃を迎える。国立天文台(東京都三鷹市)の予測によると、今年の出現のピークは13日午前9時ごろ。日中の観測は難しいため、12日深夜から13日未明にかけてが狙い目という。

 ただ12日は、満月に近い月がほぼ一晩中出ている。「月明かりに負けない明るさの流れ星を期待して」と同天文台。広く空を見渡せる場所を選び、月がなるべく視界に入らない方向を見上げるのがおすすめだという。観察した流れ星の数をインターネットで報告すると、同天文台が集計して速報を発表する。

 ペルセウス座流星群の正体は、太陽の周りを約130年でまわるスイフト・タットル彗星(すいせい)が宇宙空間に残した直径1ミリから数センチほどのちり。彗星の軌道を地球が横切ると、ちりが大気とぶつかって強い光を放つ。地上では、ペルセウス座の方角にある1点(放射点)から放射状に飛ぶように見えるため、ペルセウス座流星群と呼ばれている。(冨岡史穂)

こんなニュースも