[PR]

 パレスチナ自治区ガザを実効支配するイスラム組織ハマスは7日、ガザの境界封鎖解除などの要求が満たされない場合、8日にイスラエルへの攻撃を再開すると宣言した。イスラエル軍は停戦期限4時間前の8日午前4時ごろ、ガザからロケット弾2発が発射されたと発表。戦闘再開は避けがたい状況になっている。

 ハマスの軍事部門は7日に発表した声明で、「ガザの港と検問所の開放への合意なしに交渉を延長することを拒否する」と表明。イスラエルとの3日間の停戦が期限を迎える8日午前8時(日本時間同午後2時)までに条件が満たされなければ、ロケット弾による攻撃を再開するとした。

 一方、イスラエルは、交渉継続のため一時停戦を延長するエジプト政府の求めに応じる意向だったが、ハマスが攻撃を再開した場合は応戦する方針だ。

 ネタニヤフ首相は7日、米FO…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも