[PR]

 山形県の蔵王山系で、冬の風物詩「樹氷」となる針葉樹アオモリトドマツの葉が、大量発生したガの幼虫に食べられる被害が深刻化している。

 東北森林管理局によると、被害は山形市と山形県上山市の計135ヘクタールの範囲に点在。特に樹氷観賞の拠点となるロープウエー・地蔵山頂駅付近の15~20ヘクタールで被害がひどく、葉がほとんど食い尽くされ、枝がむき出しになっている。地蔵山周辺は蔵王国定公園の特別保護地区。木が枯死する恐れもあるが、有効な手立てはないという。

 食害の原因は、ガの一種のトウヒツヅリヒメハマキだ。夏から晩秋にかけて幼虫が針葉樹の葉を食べる。大量発生の理由は分かっておらず、蔵王では前例が無いという。

 東北森林管理局の担当者は「生態系への影響を考えると薬剤散布は難しい。ライトでおびき寄せて捕獲するなど、できることからやっていきたい」と話した。

 「アイスモンスター」と呼ばれる樹氷は、アオモリトドマツなどの針葉樹を氷と雪が覆い尽くすことで生まれる。(松本紗知)