[PR]

 無料通信アプリ「LINE」のやりとりで中学生に恐怖を抱かせるメッセージを送ったとして、大阪府交野市の教育委員会が先月、大阪維新の会の山本景府議(34)=交野市選挙区=に抗議した。山本氏は8日、記者会見し、「メッセージは不適切。大変大人げなかった」として謝罪した。

 交野市教委と山本氏の説明によると、山本氏は昨年10月ごろから、地元の祭りで名刺を渡したことをきっかけに市内の中学校の生徒十数人とLINEでのやりとりを開始。山本氏によると、「死ね」「きもい」といった中傷が書き込まれたうえ、LINEのグループから退会させられた。これに反発した山本氏はグループに戻すよう求め、「絶対許さない」「校長に連絡する」などのメッセージを複数の生徒に送ったという。

 維新府議団は昨年12月、中田仁公市長から直接トラブル内容を伝えられ、山本氏に口頭で注意をした。近く、府議団としての正式な処分を決める方針だという。

こんなニュースも