【動画】強い日差しの下、技を競う全国氷彫刻展夏季九州大会の参加者たち=金山隆之介撮影
[PR]

 北九州市門司区の門司港レトロ地区で11日、全国氷彫刻展夏季九州大会(日本氷彫刻会九州地方本部主催)があった。強い日差しの下、料理人たちが氷の彫刻づくりの腕を競った。

 九州各県のホテルやレストランの料理人18人が参加。高さ1メートル、幅50センチ、厚さ27センチの直方体の氷をノコギリやノミで1時間かけて削り、天女やイルカなどの像に仕上げた。

 最優秀賞には男児の洋服を子犬が後ろから引っ張る様子を表現した「僕の友達」を作った宮崎市の橋本容希(ひろき)さん(37)が選ばれた。橋本さんは「じゃれている感じが出せた。すごくうれしい」と喜びを語った。上位10人が来年7月、東京で開かれる全国大会に出場する。(金山隆之介)