[PR]

 鳥取市で14日にあった鳥取しゃんしゃん祭で、ギネス世界記録の「最大のアンブレラダンス(傘踊り)」に挑戦するイベントがあり、新記録が誕生した。

 祭りのメーンでは市民が小鈴などで飾った傘を手に、一斉に踊る。今年で50回を迎えた記念に、2011年、ルーマニアでの「1461人」に挑んだ。

 ギネス社の公式認定員や監視員が精密機器と目視で確認し、人数は1688人。深沢義彦市長は「これで世界の祭りになれば」と、表情は晴れ晴れ。