[PR]

 茨城県警牛久署は14日、日本国籍を持つフィリピンから来た男性(20)=さいたま市=を出入国管理法違反(旅券不携帯)容疑で誤って逮捕したと発表した。同署は、男性を約7時間後に釈放した。

 署によると、茨城県牛久市内で13日昼ごろ、署員が男性を職務質問したところ、男性は片言の日本語で「友だちに会いに来た」などと話した。外国人と思い込んだ署員は交番に任意同行を求め、男性が旅券を持っていなかったことから、午後5時すぎに現行犯逮捕した。その後、通訳を介して調べると、「日本の国籍もある」と話し、さいたま市の自宅で日本のパスポートが見つかった。

 男性は父親が日本人、母親がフィリピン人。国籍法は、22歳までにどちらか選択するよう定めている。

 橋本康一郎署長は「誤認逮捕に至り、おわびする。再発防止に努める」とコメントした。