[PR]

 栃木県佐野市で白津佳奈さん(16)の遺体が段ボール箱に入った状態で見つかった事件で、住所不定、無職岩崎春敏容疑者(45)=死体遺棄容疑で逮捕=が栃木県警の調べに対して、「埼玉県越谷市内のアパートに行き、少女の遺体を梱包(こんぽう)して運び出した」と供述していることが捜査関係者への取材でわかった。

 このアパートには住所不定、無職栗林亨容疑者(30)=同=が出入りし、室内から白津さんのものとみられる女性用の衣服や携帯電話が見つかっていたことも新たに判明した。県警は14日、栗林容疑者を宇都宮地検足利支部に送検。栗林容疑者が白津さんと知り合ってから、白津さんが亡くなるまでの経緯を調べている。

 捜査関係者によると、岩崎容疑者は県警に対して、インターネット上での職探しを通じて知り合った栗林容疑者から仕事を持ちかけられて越谷市内のアパートに行ったと説明。「(梱包の際に)遺体だとわかっていた」とも供述しているという。

 2人は、佐野市仙波町の道路脇…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら