[PR]

 10月の福島県知事選に、前岩手県宮古市長で医師の熊坂義裕氏(62)が無所属で立候補する意思を固めた。15日に記者会見して表明する。熊坂氏は「政党には推薦を求めない」と説明。姻戚関係にある新党改革代表の荒井広幸参院議員が支援する予定だ。

 熊坂氏は福島市出身。勤務医や開業医を経て1997年から12年間、市長を務めた。東日本大震災後に悩み電話相談「よりそいホットライン」を開設。運営法人の代表理事を務める。

 知事選には14日、牧師の五十嵐(いからし)義隆氏(36)が無所属で立候補する考えを表明した。