[PR]

 15日の東京株式市場は、小幅な値動きとなっている。午後1時では、日経平均株価が前日の終値より15円81銭安い1万5298円76銭。東京証券取引所第1部全体の値動きを示すTOPIX(東証株価指数)は1・30ポイント低い1269・20。午前の終値では、日経平均が前日の終値より20円66銭(0・13%)安い1万5293円91銭。TOPIXは1・67ポイント(0・13%)低い1268・83。出来高は7億8千万株。

 日経平均は前日まで4日続伸して計530円超値上がりしていることから、利益を確定させるための売り注文が出やすくなっている。お盆期間中で取引参加者が少ないうえ、「積極的な買い材料に乏しく様子見の状態」(大手証券)でもあり、値動きは小幅だ。