[PR]

特派員リポート 大島隆(アメリカ総局)

 「米国は日本をこう見ている」

 「安倍政権は米国にはこう映っている」

 こんな言い回しはよく見かけるが、これは「誰に聞くか」によって違ってくる。日本に詳しい識者や政府当局者は、「知日派」とひとくくりにされがちだが、実際にはオバマ政権との距離感や支持政党、対中国の文脈で日本をどう位置づけるかなどによって、意見は様々だ。

 ワシントンで日米関係に携わる代表的な団体の一つ、マンスフィールド財団のフランク・ジャヌージ理事長は、その中でも民主党系を代表する東アジア専門家の一人として知られる。上院外交委員会で現副大統領のバイデン氏や国務長官のケリー氏らにアジア政策の助言をしてきたジャヌージ氏に、最近の日米関係について聞いた。

 最初に尋ねたのは、オバマ政権…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら