[PR]

 千葉県船橋市の高橋宏市議(38)が、輸血に関する意見を自分のブログに書き込んだところ、批判が殺到し、所属する結いの党に離党届を出したことが分かった。取材に対し、「間違っていたとは考えていないが、私自身の個人的な見解で、これ以上ご迷惑をお掛けするわけにはいかない」と説明している。

 高橋市議は7日、「放射線照射した血を輸血しているという現実」という題でブログに記事を書いた。厚生労働省の指針で、輸血による副作用の予防に放射線照射が有効とされている点に触れながら、「放射線照射した血液を体に入れたい方いらっしゃいますか?(笑)」「死んだ血を輸血してもまたすぐに輸血しなければならないのは明らか」と記述。これにブログの読者から「輸血は現在の医療には必要不可欠」などと批判が殺到し、15日、党本部に離党届を郵送した。

 高橋市議は「放射線照射をしないまま、輸血をしていいとは言っていない。輸血そのものの危険性を指摘している研究者もおり、見解の相違だ」と述べた。

こんなニュースも