[PR]

 愛媛県伊予市にある市営住宅の部屋から17歳の少女が遺体で見つかった事件。死体遺棄容疑で逮捕された無職の女(36)やその家族との同居を続ける間に、暴力を振るわれる姿が再三目撃されていた。危険だと感じた住民から市や警察に情報が寄せられていたが、最悪の事態を防げなかった。

 亡くなった松山市の大野裕香さんは、女の長女の友人だった。女の知人や地元住民らの話を総合すると、大野さんが同居を始めたのは1~2年前のことだ。

 市営住宅3階の3DKには、女と、その子ども4人が居住。死体遺棄容疑で逮捕された無職の長男(16)の友人らが頻繁に出入りし、10人ほどの若い男女のたまり場にもなっていた。

 出入りが頻繁になったのは長男が中学卒業後、バイクに乗り出してからだ。中学時代の仲間のほか、その兄弟・知人らが集まるようになり、未明まで騒ぐことも多かったという。

 「当初は(大野さんも)家族だと思うくらい仲良しだった」。よく部屋に行ったという長男の知人男性(22)は振り返る。だが、半年ほど前から関係が悪くなったという。

 同じ市営住宅に住む親類をよく訪ねるという男性(28)は「今年になってから、女性の泣き声をよく聞くようになった」と語る。悲鳴や物が割れるような音も頻繁になったという。

 少女が家事をさせられている様子もたびたび目撃されていた。洗濯やごみ出し、女の娘の世話のほか、女の荷物持ち、犬の散歩をしている姿を多くの関係者が見ている。

 暴行は次第にエスカレートしたようだ。

 7月中旬、同じ団地に住む60代女性は、敷地内で、女の家族に「お前がおるから」などと怒鳴られながら殴ったり蹴ったりされている大野さんとみられる女性を見た。

 同じ頃、大野さんが焼酎の瓶で殴られたと聞いた長男の別の知人男性(22)は女の家で会った際、「まだ家にいると死ぬよ」と大野さんに忠告すると、「大丈夫」と返事をしたという。その2週間後も大野さんは女の部屋にいたが、服から見えている肌はあざだらけで、まぶたが腫れて目が開かない状態だったという。

 女の部屋で十数人の仲間と世間話をしたという長男の知人男性(23)は1カ月ほど前、室内に顔が腫れ上がったあざだらけの女性が倒れているのを見た。「誰も声はかけていなかった。おかしいと思ったが、知らないふりをした」

 8月15日午前0時すぎに見つかった大野さんの遺体は、全身に多数のあざがあり、性別がすぐにわからないほど顔も腫れていたという。県警は同日、女と長男のほか、部屋に出入りしていた少年2人を逮捕した。

 捜査関係者によると、司法解剖の結果、大野さんは暴行によって死亡したとみられ、県警が調べを進めている。

■住民「殺されるかもしれない」…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら