[PR]

 サッカーのJ1、横浜F・マリノスは23日、横浜市のニッパツ三ツ沢球技場でこの日あった川崎フロンターレ戦で、人種差別行為をした疑いがあるとして、10代後半の男性サポーターを無期限の入場禁止処分とした。横浜マによると、ゴール裏にいた男性は前半、手に持ったバナナをピッチに向けて大きく上下に振ったという。その直前には、川崎の外国人選手が走り込んできていた。

 横浜マのクラブ関係者が後半途中、ツイッターなどで動画が出回っていることに気がつき、調査を開始。当該男性サポーターを特定し、試合後に約1時間、事情を聴いた。男性はバナナは持っておらず、ハーフタイムに食べたと説明したという。

 聴取に対し、男性は「挑発行為はしたが、差別の意図はなく、特定の選手に向けてではない」と話したという。横浜マの嘉悦朗社長(59)は「客観的に見て(外国人選手に向けた)可能性は高い。人種差別行為が限りなく疑わしい。重い判断をした」と話した。嘉悦社長は25日にJリーグの村井満チェアマン(55)と面会し、事情を報告する予定。

 国際サッカー界では、バナナを…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら